乗らない車は廃車にする【料金はかからない方法で処分】

乗らない車を賢く売る

ウーマン

中古自動車に対する需要は、一般の人が考えるよりもはるかに高いです。業者の選定や売るタイミングなどを間違えさえしなければ、期待以上の高値で売れる可能性が十分にあります。ただし、高値売却を実現できるかどうかは、査定を受ける回数にかかっていると言っても過言ではありません。

もっと見る

不要な車の処分費用

ミニカー

自分で手続き等をする場合

不要になった車を廃車するには、陸運局あるいは軽自動車検査協会で手続きをします。もう2度と使わない場合には永久抹消登録をしますが、再度使うこともあるのでしたら一時抹消登録という方法もあります。ここでは、永久抹消登録をするときの料金についておおよそのところをみてみたいと思います。永久抹消登録には、書類上の手続きに車の解体が加わります。書類上の手続きを自分で行う時には、ほとんど料金は発生しません。ただ、古い車を廃車する時にはリサイクル料金が未払いのことがありますので、これに数千円から数万円かかります。手続きを自分で行うのが面倒な時には、行政書士などに依頼します。この依頼料金は幅があるようですが、数千円から1万円程度です。

解体費用はどのくらいか

解体は、廃車したい車が自走できるかできないかで料金が変わってきます。自走できるのでしたら自分で解体業者のところまで持ち込めば料金はかかりません。不動車の場合には、引き取ってもらう手間がかかりますので、数千円から高いと数万円の料金がかかります。しかし、車の解体で鉄やアルミが回収できたりしますので、その代金は返ってくることが多いので、逆に収入になることもあります。廃車料金についての結論としては、運が良ければプラスになることもあり、一般的には最大でも数万円をみておけば良いでしょう。ところで、廃車するような車でも買取する業者があるのをご存知でしょうか。こういう業者に買取してもらえば、最低でも無料で、多くは幾ばくかの買取代金を手にすることができます。もちろん廃車手続きも業者が行いますので面倒なことはありません。

車検切れの車を処分する

車内

車検切れの車を自分で廃車にする場合、面倒な手続きがありますし費用もかかってしまいます。おすすめなのが廃車買取業者に査定を受けた上で買取してもらう方法で、自分で廃車手続きをする必要がありませんし、査定額が付けばお金を受け取ることが出来ます。

もっと見る

名義変更が難しい車

車

金融車はとにかく販売価格が安く、名義変更をしなくても良いのでお金が方や当面の足が欲しい方などが購入しています。ただし安い分リスクがあるので車の経歴をしっかりと洗い出す事と、信頼がある会社から購入する事をおすすめします。

もっと見る